空気環境測定

2013年10月15日

当社では、病院・福祉施設、公共施設、店舗・オフィスなどの総合ビルクリーニングをはじめ、総合水処理、浄化槽保守点検、水質検査業務、空気環境測定、給排水管清掃、害虫駆除など、ビルの快適な環境づくりをトータルにサポートいたします。お気軽にお問い合せください。

空気環境測定

建築物における衛生的環境の確保に関する法律(ビル衛生管理法)により、延床面積が3,000㎡以上(学校は8,000㎡以上)の建築物は、2ヶ月に1ど(年6回)の空気環境測定が義務付けられています。
株式会社オカムラは、ビル衛生管理法に基づき、浮遊粉塵、一酸化炭素、二酸化炭素、温度、相対湿度、気流、ホルムアルデヒドの測定を行い、基準値を超えている場合は、空調機器、換気扇等の異常早期発見、もしくは換気量、温度設定等の調節による空気環境の改善をご提案をさせていただいております。

 

●空気環境における測定基準空気環境測定

1 浮遊粉じん 0.15㎎/m3以下
2 一酸化炭素 10ppm以下
3 二酸化炭素 1000ppm以下
4 温度 17℃以上28℃以下
※外気の温度より低くする場合は、その差を著しくしないこと
5 相対湿度 40%以上70%以下
6 気流 0.5m/秒以下
7 ホルムアルデヒド 0.1㎎/m3以下

その他、ご不明な点などございましたら下記までご遠慮なくお問い合わせください。

お電話でのお問合せは0120-797653までお気軽にどうぞ。

受付時間

朝8時00分~17時00分





ページのトップへ戻る