グリーストラップ管理業務

2013年08月24日

グリーストラップとは?

レストラン、ホテルなどの飲食店や給食センターなどの油を大量に使用する厨房から排出される汚水は、直接、公共の下水に排出するのではなく、浄化槽などの阻集器で分離・浄化してから排出することが義務付けられています。(建設省告示第1597号)

この阻集器のことを廃食油(グリース)をせき止める(トラップ)ことから「グリーストラップ」と言います。

排水に含まれる油脂分を阻止・分離・収集するための装置で、排水に含まれる油脂分や残飯、食材くずなどは、グリーストラップ内を通ることで分離され、浄化した水が排水される仕組みになっています。

これにより、排水口や排水管を詰まらせたり、下水に直接流れ込んだりするのを阻止する装置です。

グリーストラップの清掃

目的:

グリーストラップを清掃せずに使用し続けると、グリーストラップ本来の機能を維持できず、厨房などから排出された汚水が十分に浄化されずに公共下水道に流出し、環境汚染につながります。

また、油や食材くずが腐敗すると水が詰まったり逆流や悪臭の原因となります。さらに、害虫や病原菌も発生しやすくなり、食中毒の原因となり営業に多大に支障がでる場合もあります。

グリーストラップの正常な機能を維持するためには、日々の清掃が必要となります。

内容:

グリーストラップの正常な機能維持のために、次のことを定期的に行っています。

①油分の回収強力吸引車

グリーストラップ内に溜まった油脂分(汚泥)を強力吸引車にて回収(汲み取り)します。

②漕内の清掃高圧洗浄車

高圧洗浄機により、漕内の洗浄・清掃を行います。落ちにくい油脂の固まり等は、ヘラ・ブラシなどを使用し丁寧に清掃します。

③流入管・排水管の洗浄

グリーストラップで処理する前の汚水が流れる流入管や、グリーストラップでは十分に処理しきれなかった汚水が流れる排水管の詰まりを確認し高圧洗浄機を使い、洗浄を行います。

④仕上げ

グリーストラップ内の汚水を回収(汲み取り)します。

グリストラップ

清掃から処分まで一貫してお任せください

グリーストラップに溜まった油脂分は、「産業廃棄物」に分類され、一般ごみとして廃棄することはできません。廃棄物処理法に基づいて適正に処理しなければなりません。

株式会社オカムラでは、産業廃棄物の収集運搬業の許可を取得しており、清掃から処分まで安心してお任せいただけます。

 

 

 

 

 

 


その他、ご不明な点などございましたら下記までご遠慮なくお問い合わせください。

お電話でのお問合せは0120-797653までお気軽にどうぞ。

受付時間

朝8時00分~17時00分





ページのトップへ戻る